Go to Contents
検索

おすすめ #強制動員 #徴用工
記事一覧

強制動員被害者の名簿をDBで一元化へ 情報提供迅速に=韓国

2019.12.23 15:13

【ソウル聯合ニュース】韓国行政安全部の国家記録院は23日、日本による植民地時代に強制動員された被害者の名簿をデータベース(DB)化すると発表した。

強制動員された朝鮮半島出身の被害者の名簿の一つ(行政安全部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 名簿は現在、国家記録院、釜山の国立日帝強制動員歴史館、国史編纂(へんさん)委員会などが保管している。各機関が保管しているために情報提供が遅れ、被害の解明や学術研究などにも支障が出ていたという。

 国家記録院は名簿を保管する機関の関係者や専門家らによる協議体と諮問団を設置し、2023年までにDBを構築する計画だ。

 事業初年度の来年は9億ウォン(約8475万円)の予算を投じ、労働者、軍人、軍属など23万人分の名簿を先にまとめる。

 国家記録院の李昭ヨン(イ・ソヨン)院長は、国家記録院が現在提供している名簿の検索サービスは氏名、生年月日、死亡の有無など、最低限の項目だけで、情報提供に限界があるとし、「DBの構築は今後の研究に大いに役立つだろう」と話した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください