Go to Contents
検索

おすすめ #中韓 #首脳会談
記事一覧

韓中首脳「米朝対話の勢い維持すべき」 

2019.12.23 20:12

【北京聯合ニュース】中国の習近平国家主席は23日、韓中日首脳会談に出席するため訪中した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北京の人民大会堂で首脳会談を行い、朝鮮半島平和プロセスが膠着(こうちゃく)状態にあることと関連し、「中国と韓国は米朝が対話のモメンタム(勢い)を維持するよう力を合わせる必要がある」とした上で、「朝鮮半島の平和に一貫した支持を送る」と話した。文大統領も「朝米(米朝)間の対話のモメンタムを維持していくことが何より重要だ」と強調した。韓国青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が会見で伝えた。

握手を交わす文大統領(左)と習近平主席=23日、北京(聯合ニュース)

 米朝対話の膠着状態が続き、北朝鮮が年内に重大な挑発行為を行う可能性が提起される中、韓中の首脳が米朝対話の重要性に言及したという側面で意味が大きい。特に北朝鮮の後見役を自認する中国のトップが対話のモメンタムの重要性を強調したことで、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)にもなんらかの影響を与えるとの見方も出ている。

 習主席は「韓中両国が手を握れば多くのことをやり遂げることができる。これは私の本心」とし、両国の密接な意思疎通による関係の発展を高く評価した。また「朝鮮半島問題において両国の立場は文大統領の就任後さらに強化され、通じる部分がさらに多くなった」とし、「朝鮮半島の非核化を実現するための両国共通の立場は両国の協力における堅固な基礎になっている」と強調した。

 両首脳は中国とロシアが先ごろ、北朝鮮への制裁の一部緩和を求める決議案を国連安全保障理事会に提出したことについても意見を交換した。青瓦台の関係者は中ロが提出した決議案に関する話はあったが、具体的な内容については明らかにできないと話した。

 米中の貿易摩擦と関連し、習主席は「協力すれば皆に利益が、争えば皆に傷が残る」とし、衝突せずに柔軟な対応を取る方針を示した。これに対し文大統領は「両国が建設的な対話により円満な解決に至ることを願う」とし、米中が第1段階の貿易合意に至ったことに対し歓迎の意を伝えた。

 粒子状物質(PM)などによる大気汚染問題をはじめとする環境分野での協力と関連し、両首脳は環境問題は両国民の健康および生活の質と直結するという点で一致しており、緊密な協力により両国民が体感できる実質的な協力の重要性を強調した。

 文大統領は習主席が近い将来に訪韓することを要請し、習主席は招待に謝意を示し、「訪韓を積極的に検討する」と応じた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください