Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

米哨戒機が韓国上空飛行 北朝鮮のSLBM監視か

2019.12.27 11:20

【ソウル聯合ニュース】民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米海軍のP3C哨戒機が26日夜、韓国の上空を飛行した。北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射の兆候を確認するため、潜水艦の動きなどを監視したとみられる。

RC135S(左)とE8C(米空軍提供)=(EPA=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 海上哨戒機は潜水艦の探索などを行うが、沿岸の地上にある目標物も監視できるとされる。

 米軍は最近、韓国への偵察機派遣を大幅に増やし、北朝鮮監視活動を強化している。26日は2機のRC135Sが朝鮮半島東側の東海の上空を飛行したことが確認された。交代で東海の上空を飛び、北朝鮮監視活動を行ったとみられる。同機は遠距離から弾道ミサイルの軌跡を追跡できる機種で、SLBM発射の可能性に備え、北朝鮮の潜水艦基地を偵察したようだ。

 また、同日にはE8Cも韓国上空を飛行した。E8Cは攻撃レーダーシステムなどを搭載し、高度9~12キロから北朝鮮軍のミサイル基地や野戦軍の機動、海岸砲・長距離砲などの地上の兵力と設備の動きを監視できるとされる。

 25日はRC135WとE8C、グローバルホーク、RC135Sの偵察機計4機が同時に出動した。

 米軍の偵察飛行強化は北朝鮮に軍事的な警告のメッセージを送る狙いがあるとみられる。軍用機は一般的に位置識別装置を作動させずに飛行し、航跡が公開されないが、米軍は同装置を作動させている。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください