Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

昨年上半期のコンテンツ輸出 6.4%増の48億ドル=韓国

2020.01.06 11:41

【ソウル聯合ニュース】韓国文化観光部と韓国コンテンツ振興院が6日に発刊した「2019年上半期コンテンツ産業動向分析報告書」によると、放送や音楽などコンテンツ産業の昨年上半期の輸出額は48億1000万ドル(約5200億円)となり、前年同期比で6.4%増加した。韓流の広がりなどが後押ししたとみられる。

韓国のコンテンツ産業を代表するゲーム(資料写真、ネクソン提供)=(聯合ニュース)《転載・転用禁止》

 ゲームの輸出額が33億3033万ドルで全体の69.2%を占め、キャラクター(3億8117万ドル)、知識・情報(3億2060万ドル)、音楽(2億6070万ドル)などと続いた。

 昨年上半期のコンテンツ産業の売上高は前年同期比3.1%増の58兆1000億ウォン(約5兆3640億円)となった。漫画(10.4%増)、知識・情報(9.8%増)、映画(7.3%増)などの伸び率が大きかった。

 売上高の規模は出版が10兆5267億ウォン(全体の18.1%)で最も大きく、放送(8兆8129億ウォン)、知識・情報(8兆3302億ウォン)、広告(7兆8104億ウォン)、ゲーム(7兆745億ウォン)などと続いた。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください