Go to Contents
検索

記事一覧

韓国プロ野球の名将・金星根氏 今季ソフトバンク工藤監督の参謀役に

2020.01.21 21:27

【ソウル聯合ニュース】韓国プロ野球のSKなどの元監督で、2018年から日本プロ野球・ソフトバンクのコーチングアドバイザーを務める金星根(キム・ソングン)氏(77)が21日、福岡に向け出国した。金氏は出発前、「チームのために最善を尽くす。後輩や選手からも学ぶ」と話し、「韓国の指導者はその程度かと言われないよう、さらに努力するつもりだ」と意気込みを語った。 

2019年6月に行われたソフトバンク3軍と韓国キウム・ヒーローズ2軍の交流戦を前に言葉をかわす金星根氏(右)と宋臣永(ソン・シンヨン)キウム2軍コーチ(資料写真)=(聯合ニュース)

 金氏は1軍のコーチ会議などに参加した後、2月1日から始まるキャンプのため宮崎に移動する。 

 18年と19年はファームを中心に活動したが、今季は1軍に帯同する。すでに19年10月末から1軍に合流し、11月30日まで1軍の練習を見守った。

 日刊スポーツによると、ソフトバンクの工藤公康監督は金氏について、韓国で監督としてすばらしい成績を残した人であり、勝ち方を誰よりも知っていると紹介。多くのことを聞きたいため金氏の1軍帯同を球団に自ら要望したという。

 金氏は18年2月にソフトバンクと契約。1年目は若手コーチの指導役を担った。2年目はそれに加え2、3軍の試合前後に監督・コーチのミーティングも主導するようになり、教えを請う選手も増えた。

 今季は1軍のコーチングアドバイザーとして、工藤監督ら首脳陣にアドバイスし、選手も直接教える。

 在日コリアン2世として京都に生まれた金氏は1960年代に韓国に渡り、実業団チームの左腕投手として活躍。引退後は韓国プロ野球の6球団で監督を務め、2007年と08年、10年にはSKを韓国シリーズ優勝に導いた。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください