Go to Contents
検索

おすすめ #新型肺炎
記事一覧

30日から武漢にチャーター機派遣 マスク200万枚など支援も=韓国

2020.01.28 17:34

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスによる肺炎の発生源とされる中国の湖北省武漢市に滞在している韓国人約700人を帰国させるため、韓国政府が30、31日の両日にかけチャーター機4便を派遣する。外交部の李泰鎬(イ・テホ)第2次官が28日の会見で発表した。

韓国政府は武漢に滞在する国民のためにチャーター機の派遣を決めた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 李次官は中国政府と協議を進めているとした上で、日程は中国側との協議結果によって変更される可能性があると説明した。

 これに先立ち、政府は丁世均(チョン・セギュン)首相の主宰で緊急関係閣僚会議を開き、新型コロナウイルスによる感染への対応状況や措置計画、武漢に滞在する国民の輸送と感染防止策、帰国者の臨時生活施設の運用策などを議論し、チャーター機の派遣を決めた。

 帰国者は、韓国から派遣された検疫官による徹底的な検疫を受けた後にチャーター機に搭乗する。

 帰国後は国内での感染拡大の可能性を防ぐため、関係法令に従って一定期間、政府が用意した施設で生活することになる。

 政府は今回派遣するチャーター機でマスク200万枚、防護服、医療用ゴーグル各10万個などの物資を中国に輸送する計画だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください