Go to Contents
検索

記事一覧

チャーター機第3便で147人帰国 5人に感染疑われる症状=韓国

2020.02.12 09:42

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・湖北省武漢市とその周辺地域から韓国政府のチャーター機第3便で12日帰国した韓国人と中国籍の家族ら147人のうち、大人5人に発熱など新型コロナウイルス感染が疑われる症状があることが、関係当局などへの取材で分かった。

チャーター機でソウルの金浦空港に到着後、バスで移動する帰国者=12日、ソウル(聯合ニュース)

 5人のうち1人は武漢出発時から症状が出ており、残り4人は韓国到着後の検疫で症状があることが分かった。この5人は、ウイルスが外に漏れないよう気圧を低く保つ陰圧施設を備えたソウルの国立中央医療院に移送される。 

 当初、症状がある人の中に子どもが含まれていると伝えられたが、当局は全員成人だと訂正した。

 一方、症状のない帰国者は、政府が臨時施設に指定したソウル近郊の京畿道・利川にある合同軍事大国防語学院で14日間隔離される。

チャーター機から降りる帰国者=12日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください