Go to Contents
検索

記事一覧

ポン・ジュノ監督作品のロケ地 ソウル市が観光コース開発へ

2020.02.15 09:00

【ソウル聯合ニュース】米アカデミー賞で作品賞など4冠を達成した韓国のポン・ジュノ監督の映画「パラサイト 半地下の家族」(以下、パラサイト)がブームの中、ソウル市がポン監督作品のロケ地を観光コースとして開発する計画だ。

映画「パラサイト」のロケが行われたソウル市麻浦区にあるスーパー(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル市が観光コースとして開発を進めているのはポン監督の「グエムル―漢江の怪物―」「殺人の追憶」「オクジャ(okja)」「ほえる犬は噛まない」の映画4作品のロケ地。観光客にロケ地の情報を分かりやすく提供し、現場には案内表示板やフォトゾーンを設置する。国内外のポン監督のファンや映画専門家らが参加するファムツアーも企画している。

 「パラサイト」の撮影が行われたスーパー(麻浦区)、紫霞門トンネルの階段(鍾路区)、ピザ店(銅雀区)などを巡ることができる「映画『パラサイト』ロケ地探訪コース」は昨年12月にソウル市観光公式サイトに紹介された。

 ソウル市の朱容台(チュ・ヨンテ)観光体育局長は「ソウル市内の『パラサイト』の主なロケ地は海外ファンも訪れるコースとなった」と話している。

映画「パラサイト」の撮影が行われた紫霞門トンネルの階段(資料写真)=(聯合ニュース)
映画「パラサイト」の撮影が行われたピザ店の前で記念撮影をする外国人観光客(資料写真)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください