Go to Contents
検索

記事一覧

臨時施設に滞在の武漢帰国者700人 あすから帰宅へ=韓国

2020.02.14 14:44

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・湖北省武漢市から韓国政府が派遣したチャーター機の第1便・第2便で帰国し、臨時施設で14日間の隔離生活を送った韓国人700人が15~16日に帰宅することが、14日分かった。

臨時施設を出る車両の消毒を行う様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 行政安全部によると、中部の忠清南道・牙山と忠清北道・鎮川の公務員研修施設に滞在していた700人のうち、先月31日に帰国した366人全員が検査で陰性判定を受け、15日に帰宅する。

 16日には今月1日に帰国した333人と、保護者を伴わずに帰国した子ども2人の面倒を見るため自主的に入所した父親1人の計334人が帰宅する予定だ。

 帰宅者は政府が用意したバスに乗って臨時施設を出発し、全国の五つの地域に向けて移動した後、各地で下車して帰途に就く。

忠清北道・鎮川の臨時施設(資料写真)=(聯合ニュース)

 地域住民の懸念を考慮して自家用車の利用は認めず、帰宅者が下車する具体的な場所も公開しないことにした。

 政府は、帰宅者に対する追跡調査は行わないことを決めた。

 行政安全部の関係者は「居住地が決まっていない帰国者が約40人いたが、個人的な事情であり政府が支援する事案ではないと判断し、各自で対処するようにした」と説明した。

 牙山と鎮川の施設で共に生活し、帰国者らを支援してきた政府合同支援団111人は、臨時施設の内部・外部の消毒と施設内部の廃棄物処理・焼却などの環境整備と防疫を監督した後、16~17日に施設を後にする。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください