Go to Contents
検索

おすすめ #在韓米軍
記事一覧

在韓米軍駐留経費巡る韓米協議 平行線=無給休職に現実味

2020.03.20 09:38

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国は2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める7回目の協議を米ロサンゼルスで17~19日(現地時間)に行ったが合意には至らなかった。在韓米軍司令部は同軍に勤務する韓国人に対し、交渉妥結が遅れる場合は4月1日から無給休職を実施すると通知しており、現実化する可能性が高まった。

韓国の鄭恩甫(チョン・ウンボ)韓米防衛費分担交渉代表(左)と米国のジェームス・ディハート防衛費分担交渉代表(韓国外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国外交部は20日、双方の立場に隔たりがあるが交渉の早期妥結を通じて駐留経費負担に関する特別協定(SMA)の空白を最小限にとどめ、韓米同盟と連合防衛態勢に寄与できるよう緊密な協議を続けることで一致したと説明した。

 韓米は2日間の予定だった協議の日程を1日延長し交渉を続けたが、韓国側負担額の総額に対する隔たりを埋められなかった。次回の協議日程も発表しなかった。

 韓米は今年1月から適用される同協定の締結に向け昨年9月から交渉を行ってきた。交渉開始当初、米国は韓国にこれまでの負担額の5倍を超える50億ドル(約5560億円 )近い負担額を提案し、その後、要求を40億ドル前後に引き下げたとされる。それでも現実的でないというのが韓国政府の認識だ。

 韓国は負担額に対する隔たりを埋められなかった場合、在韓米軍の韓国人勤務者の人件費支給問題を優先的に解決するという計画だったが、米国はこれに反対の立場を明確にしていたため、今回の協議が突破口になった可能性は低いとみられる。

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください