Go to Contents
検索

記事一覧

防疫に懸命の北朝鮮 有名冷麺店も衛生管理を徹底

2020.03.26 10:19

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は世界的に感染が拡大する新型コロナウイルスへの対策に総力を挙げている。朝鮮労働党機関紙の労働新聞は26日付の記事で、大勢が集まる場所で接触して感染が拡大している外国の状況を踏まえるとサービス提供機関も防疫をおろそかにしてはならないとしながら、平壌冷麺で名高い平壌のレストラン「玉流館」の取り組みを紹介した。

「玉流館」の冷麺(資料写真)=(写真共同取材団=聯合ニュース)

 玉流館の調理師と従業員は衛生点検を徹底しているという。調理師は衛生用の作業服や帽子、マスク、履物を着用している。営業開始前と閉店直後には厨房内や調理道具、人々がよく触るドアノブやホールのいす、テーブルなどを消毒する。

 労働新聞によると、平壌水産物百貨店や奉仕管理局管轄の飲食店なども消毒を重点的に行っている。

 消毒用品の需要増加を受け、主要な工場は消毒液やせっけんの生産を増強。また、平壌医学大などでは消毒効果が高く使いやすい製品の開発に取り組んでいる。

対外宣伝メディア「統一のメアリ」は平壌医学大で開発された「消毒洗浄粉」が好評を得ていると伝えた(同メディアのホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください