Go to Contents
検索

記事一覧

2021年の世界テコンドー選手権 5月から10月に延期

2020.03.31 11:25

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期された東京五輪・パラリンピックの新日程発表を受け、テコンドーの国際競技団体、ワールドテコンドー(WT、本部ソウル)は31日、2021年の世界テコンドー選手権の開催を当初予定していた同年5月から10月に延期した。

2019年の世界テコンドー選手権(WT提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国際オリンピック委員会(IOC)と東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は30日、今夏開催予定だった東京五輪を来年7月23日~8月8日、パラリンピックを来年8月24日~9月5日に開催することで合意した。

 WTは来年5月16~23日に中国で世界選手権を行う予定だったが、「世界選手権を五輪開幕2カ月前に開催することは選手のけがの恐れなど、現実的に困難が多い」として、10月に延期すると説明した。

 一方、WTはすでに決まっている東京五輪の出場権を維持する方針を示した。東京五輪には男女約4階級に計128人が出場する。五輪ランキングとグランドスラム・チャンピオンシリーズのランキング、大陸別の選抜戦を通じてこれまでに87選手が五輪出場権を獲得し、これらの選手が属する42カ国が出場枠を得た。

 WTの方針を受け、大韓テコンドー協会は出場権を獲得した男女各3選手をそのまま韓国代表に決定する可能性が高い。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください