Go to Contents
検索

おすすめ #総選挙
記事一覧

2週間後に迫った韓国総選挙 各党が「優勢」地域を独自分析

2020.04.01 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国で4年に一度の総選挙を2週間後の4月15日に控え、各政党は序盤の情勢を独自に分析した。議席獲得の可能性が高い「優勢」選挙区として、進歩(革新)系与党「共に民主党」は70選挙区を、保守系最大野党「未来統合党」は38選挙区をそれぞれ挙げている。2日に選挙運動がスタートする今回の総選挙では、小選挙区で253人、比例代表で47人の計300人の国会議員を選出する。

総選挙は4月15日に投開票される=(聯合ニュース)

 各党は地域別の世論調査や過去の選挙結果などに基づき、253選挙区について1日現在の情勢を「優勢」「競合優勢」「競合」「競合劣勢」「劣勢」に分類した。

 共に民主党は「優勢」選挙区として▼ソウル市16▼京畿道23▼仁川市2▼全羅道23▼忠清道4▼江原道・済州道2――の計70選挙区を挙げた。「競合優勢」と判断した62選挙区を含め、計132選挙区で議席を獲得すると予測している。

 未来統合党は「優勢」選挙区として▼ソウル市3▼京畿道4▼釜山市6▼大邱市7▼蔚山市4▼大田市2▼忠清北道2▼忠清南道1▼慶尚北道5▼慶尚南道4――の計38選挙区を挙げた。「競合優勢」とした49選挙区に一部の「競合」選挙区も含め、計124~130選挙区で議席を得られると期待している。

 主に全羅道地域を地盤とする中道系野党「民生党」は「優勢」選挙区として1選挙区のみを挙げた。革新系野党の「正義党」は「優勢」と判断した選挙区がなかった。

 首都圏の121選挙区(ソウル市49、京畿道59、仁川市13)のうち、「優勢」または「競合優勢」と判断した選挙区は共に民主党が81選挙区、未来統合党は21選挙区だった。

 共に民主党と未来統合党はそれぞれの地盤で勝利を見込んでいる。

 共に民主党は、前回の総選挙で当時の「国民の党」と無所属の候補が席巻した全羅道地域で、議席の大半を奪還できると予想する。全羅道地域の28選挙区(全羅北道10、全羅南道10、光州市8)のうち23選挙区は「優勢」、4選挙区は「競合優勢」と判断している。

 一方の未来統合党は、地盤である大邱市・慶尚北道の25選挙区のうち12選挙区、釜山市・蔚山市・慶尚南道の40選挙区のうち14選挙区で「優勢」とみる。

 与野党はただ、選挙戦はこれから本格化するため、現在の情勢から選挙結果を確信することはできないと慎重な姿勢をみせている。

 共に民主党の李根炯(イ・グンヒョン)戦略企画委員長は、世論調査で優勢と出ても、それを額面通りに受け取るべきではないとし、「文在寅(ムン・ジェイン)政権の安定的な運営のため、必ず150近い議席を確保する」と意気込みを語った。

 未来統合党の李珍福(イ・ジンボク)総括選挙対策本部長は、新型コロナウイルスで社会が混乱するなか、与野党とも最後まで慢心できないとしながら、「最後までベストを尽くし、あちこちに潜んでいる保守の票を集め、中道層を引き入れて国会第1党の座に復帰するのが目標だ」と意欲を示した。

総選挙では、ソウルの同じ選挙区に出馬する共に民主党の李洛淵(イ・ナクヨン)前首相(左)と未来統合党の黄教安(ファン・ギョアン)代表の対決に注目が集まる。両候補の選挙ポスター(各候補提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください