Go to Contents
検索

記事一覧

EV・FCV普及台数が倍増 1~3月期=韓国

2020.04.06 13:49

【ソウル聯合ニュース】韓国環境部は6日、今年1~3月期のエコカー(電気・燃料電池車)普及台数は1万2140台で、前年同期(5796台)の2.1倍に増加したと発表した。

電気自動車の充電スタンド(資料写真)=(聯合ニュース)

 電気自動車(EV)は5608台から1万1096台に増加した。このうち、電気貨物車の普及台数は3台から2890台と大幅に増加した。

 燃料電池車(FCV)の普及台数は188台から1044台に増加した。

 環境部は、昨年12月に価格・性能面で競争力を備えた電気貨物車が発売されたことや、水素ステーションが増えたことでエコカーの普及実績が向上したと分析した。

 また、エコカーの輸入台数が拡大した点も普及に影響を及ぼしたとみられる。

 地方自治体別では、1~3月期のエコカーの普及台数が最も多かったのはソウル市(2512台)だった。2位は京畿道(2396台)、3位は済州島を行政区域に持つ済州道(1011台)。

 累計台数では済州道(2万2088台)が1位、ソウル市(2万1641台)が2位、京畿道(1万8076台)が3位だった。 

 環境部は、新型コロナウイルスの感染拡大による消費停滞や7月に電気自動車の充電料金引き上げが計画されていることなどによりエコカーの需要が萎縮する可能性があるとみて、市民や企業に呼びかけて普及拡大を図っていく。

 特に自動車ディーラーに対し、販売台数全体の15%以上を低公害自動車とすることを義務付ける制度が今年以降、首都圏から全国に拡大されることで、企業も積極的にエコカー普及に乗り出す見通しだ。

 環境部の関係者は、今後もエコカーの普及拡大を持続し、今年は普及台数20万台を目指すとして「市民と企業も積極的に参加してほしい」と呼び掛けた。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください