Go to Contents
検索

記事一覧

韓国人入国禁止国への査証免除停止「速やかに施行する」=韓国外交部

2020.04.08 17:38

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は8日、韓国国民の入国を禁止している国に対して査証(ビザ)免除や無査証(ビザなし)入国を暫定的に停止するとした政府の予告について、速やかに施行するとの立場を示した。

仁川国際空港の入国審査台で自宅隔離の指針を説明する審査官=8日、仁川(聯合ニュース)

 外交部の当局者はこの日、記者団に対して「関係官庁間で実務的な協議を行っている」とし、「可能な限り速やかに施行されることになる」と述べた。

 この当局者は、世界148カ国が韓国をはじめとする特定の数カ国や海外からの入国者全員について入国禁止措置を取っているとし、国内の感染者に占める海外からの入国者が相当数に上るため、強力な統制措置が必要だと説明した。

 一方、査証を所持している場合には入国を制限しないとして、今後も全面的な入国禁止措置は行わないと強調した。

 その上で「入国者のうち30%が90日以下の短期滞在外国人だが、査証免除を中止すればこのようなカテゴリーの外国人の流入が減少する」とし、施設での隔離の負担を減らすとともに防疫資源戦略や医療従事者の疲労軽減にも役立つとの考えを示した。

 入国停止の対象は、韓国から出国した人の入国を禁止している148か国のうち、一般旅券に対する査証免除協定の締結国66カ国と無査証での入国を認めている47カ国に含まれる国となる見通し。

 この当局者は、相互に査証免除を行っている米国のほか、英国、メキシコ、アイルランド、スロベニアなどの国は今回の措置に該当しないと説明した。

 また、中国はもともと無査証の対象ではないため、検討範囲に含まれないという。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

お問い合わせ

聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください