Go to Contents
検索

記事一覧

臨時政府樹立101周年の式典と記念館起工式 あすソウルで

2020.04.10 09:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の国家報勲処は10日、大韓民国臨時政府樹立101周年の記念式典と国立大韓民国臨時政府記念館の起工式を11日にソウルの西大門独立公園で開催すると発表した。

昨年の大韓民国臨時政府樹立100周年を祝う記念式典であいさつする李洛淵(イ・ナクヨン)首相(肩書は当時)=(聯合ニュース)

 臨時政府は、日本による植民地支配時代の1919年に中国で樹立された。

 第101周年記念式典には政府の要人や独立運動の功労者の遺族など約100人が出席する。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、行事の規模を縮小した。会場は抗日独立運動家らが投獄された西大門刑務所の跡と臨時政府記念館の新築現場が見渡せる場所だと、国家報勲処は説明した。

 記念式典に続き、臨時政府記念館の起工式が行われる。ソウル市西大門区内に来年下半期中に完成予定だ。

記念式典と記念館起工式のポスター。「新たな百年、希望を築く」をテーマとする(国家報勲処提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください