Go to Contents
検索

記事一覧

光州民主化運動から40年 「国家暴力の真実を告白すべき」=文大統領

2020.05.18 11:21

【ソウル聯合ニュース】1980年に韓国南西部・光州市で民主化を求める大規模なデモが起こり、軍の発砲で多くの犠牲者が出た「5・18民主化運動(光州事件)」から40年となる18日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は同市内の5・18民主広場(旧全羅南道庁前)で開かれた記念式典に出席し、「真相究明に最善を尽くす」として、「発砲命令者と戒厳軍が行った民間人虐殺など国家による暴力の真相を必ず明らかにしなければならない」と強調した。

式典で演説する文大統領=18日、光州(聯合ニュース)

 文大統領が同式典に出席するのは就任した2017年と昨年に続き、3回目となる。

 文大統領は「今でも勇気を出し、真実を告白すれば、許しと和解の道が開かれる」と表明。「(真相究明は)処罰が目的ではない。歴史を正しく記録すること」と訴えた。

 また、運動の真相究明に向け今年1月に発足した「5・18真相究明調査委員会」に言及し、「委員会が真実を一つ残らず明らかにするよう、支援を惜しまない」として、「(誰かが運動を)歪曲(わいきょく)し、けなせば立場を失うことになる」と強調した。

 運動の精神などを憲法に盛り込む考えも示し、「憲法の前文に『5・18民主化運動』を刻むことは、5・18を傷つけたり否定したりすることができない偉大な歴史として位置付けること」とし、「いつか改憲が行われれば、その意味を生かしていくことを望む」と述べた。

 その上で、「5.18は民主主義の偉大な歴史となった」として、「その精神は国民の心に宿り、新型コロナウイルス克服で世界の模範となる底力として働いた」と力説した。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください