Go to Contents
検索

記事一覧

文大統領「戦時の財政、編成する覚悟を」 国家戦略会議開催

2020.05.25 16:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、新型コロナウイルス時代に備えた国家財政運用の方向性や戦略を話し合う国家財政戦略会議を主宰した。冒頭で、新型コロナの感染拡大による経済への影響は「経済戦時状態」であると指摘した上で、「戦時の財政を編成するという覚悟で財政能力を総動員しなければならない」と話し、積極的に拡張的な財政政策を取る必要があるとの認識を示した。 

国家財政戦略会議で発言する文大統領(中央)=(聯合ニュース)

 文大統領は「世界経済の底が見えない。われわれの経済も例外ではない」とし、「今は誰のための財政で、何に向けた財政かという質問が急がれる」と話した。

 また「財政は国家政策を実現する直接的な手段」とし、「消火活動も初期に十分な水をまいてこそ、大きな被害を防げる」と指摘した。

 文大統領はまた「第1次、第2次の補正予算案(の規模)を超える第3次補正を迅速に準備してほしい」とし、「追加補正の効果は速度とタイミングにかかっているため、第3次補正予算案が6月中に処理されるよう、国会がよく協力してほしい」と話した。 

 文大統領は「経済危機の克服と共にポストコロナ時代の新たな飛躍のための韓国版ニューディールも準備しなければならない」とし、「未来型の雇用を創出するデジタルニューディールと共に環境に優しい雇用を創出するグリーンニューディールで持続可能な成長の土台を作る」と意欲を示した。

 一部で指摘されている財政健全性の悪化懸念については、「財政当局もこのような意見を十分に留意してほしい」としながらも「今の深刻な危機の局面では十分な財政投入を通じ、早期に危機を克服して経済成長率を高め、長い目で健全性を回復する好循環を目指さなければならない」と指摘した。

 文大統領は長い目で見れば、それが財政赤字の国内総生産(GDP)比の悪化を防ぐ道であるとし、「財政は当面の経済危機の治療薬であり、ポストコロナの経済体質を改善し免疫力を高めるワクチンの役割も担わなければならない」と強調した。

 一方で文大統領は「もちろん強力な支出構造調整が伴わなければならない」とし、「不要不急な支出を果敢に減らすべきで、骨を削る支出の構造調整が必須だ」と述べ、まず政府から率先して支出を減らすことを約束した。 

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください