Go to Contents
検索

記事一覧

サムスン 初のオンライン入社試験控え事前チェック=不正防止に万全

2020.05.26 20:18

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスングループは26日、採用試験の一環として行う「サムスン職務適性検査(GSAT)」の受験者を対象に、サイトへのアクセスなど事前チェックを実施した。同適性試験は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年初めてオンラインで実施される。

サムスン側が受験者に郵送したスマホ台や解答用紙など(読者提供)=26日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 30~31日の日程で行われる試験を前に、受験者はサイトにアクセスし、試験の方式などを確認した。

 試験当日、受験者は自身の顔と手、パソコンのモニター、マウスなどを撮影し、試験監督が遠隔で受験者を確認する。試験中はスマートフォンをサムスン側のシステムと連動させ、郵送で送られてきた台に載せて置かなければならない。

 試験場所は受験者の自宅や寮など独立した空間に限定し、複数の人が集まって試験を受けることができないようにする。この日事前アクセスした場所と、試験当日の空間が同一でなければならない。

 試験は30~31日の2日間で4回に分散して実施され、すべて異なる問題が出題される。

 試験後は受験者が解答する過程を録画で再確認し、面接時に今回のオンライン試験と関連した確認を行う予定だ。

 サムスンは初めて同試験をオンラインで実施するにあたり、社員が受験者の立場で模擬試験を受けるなど、不正行為を防止するために万全を期した。

 不正行為が摘発された場合は、試験結果が無効になり、今後5年間の受験が制限される。また民事・刑事上の責任を問われる可能性もある。 

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください