Go to Contents
検索

記事一覧

韓国航空業界に国際線再開の動き 需要は未知数

2020.05.30 09:00

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により閉ざされている世界の空路に少しずつ開かれる兆しが見えており、韓国航空業界でも市況回復への期待感が高まりつつある。一方で、今なお外国人の入国制限を解除していない国が多い上、韓国国内でもクラブや物流センターでの集団感染が続いているため、航空産業が底を打ったというには早いという悲観的な見方もある。

駐機中の旅客機(資料写真)=(聯合ニュース)

 航空業界によると、最大手の大韓航空は現在、国際線の運航率が10%台にとどまっているが、6月から13路線の運航を新たに再開し、国際線110路線のうち25路線を運航する予定だ。大手のアシアナ航空も17路線を運航する。

 格安航空会社(LCC)も相次いで国際線の一部運航再開を決めている。

 チェジュ航空は現在運航している国際線3路線に加えて6月からは仁川とフィリピン・マニラを結ぶ路線の運航を再開し、ジンエアーは仁川と成田、大阪をそれぞれ結ぶ便など国際線5路線の運航を再開する予定だ。エアプサンは7月から釜山―香港と釜山―マカオ路線を飛ばす。

 欧州の一部の国をはじめとする各国が感染抑止に向けて取っている入国制限を少しずつ緩める動きを見せていることが、国際線再開を後押ししている。

 ベトナム政府は7月から、韓国をはじめとする80カ国の国民に対する電子ビザ(査証)発給を許可する。韓国の業界関係者はこれについて「ベトナムが開けば、タイやカンボジアなど近隣の主な観光国も門を開く確率が高くなる」と予想している。

 だが、韓国国内では最近になって新型コロナの新規感染者が再び急増している上、政府はこのほど、全ての国・地域に対する特別旅行注意報の発令期間を6月19日まで延長した。まだ旅客心理の回復を論じる段階にはなく、航空業界の危機は当面続く見通しだ。

 6月から国際線の運航を再開しても、収支が合うほどの需要があるかどうかは未知数だ。多くは現地発の需要で、搭乗率も高くならないとみられている。

 航空業界も、まずは出張などのビジネス需要の多い路線や貨物の比重が大きい路線を中心に再開計画を立てている。業界関係者は「今はまだ底を打って回復している時期ではなく、底をはい回っている時期」だと厳しい現状を伝えた。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください