Go to Contents
検索

おすすめ #日韓 #WTO
記事一覧

日本製バルブへの関税賦課継続 韓国がWTOの勧告履行 

2020.05.29 00:00

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は28日、日本政府が世界貿易機関(WTO)協定に違反しているとして提訴した日本製空気圧バルブを巡る反ダンピング(不当廉売)関税について、WTO判定に基づく勧告を全て履行したことを日本などに通知したと発表した。これにより関税賦課は現行のまま維持される。

日本製空気圧バルブを巡る紛争の解決手続きが事実上終了した(WTOホームページより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国は日本製の空気圧バルブが不当に安い価格で韓国に輸入され、国内産業に損害を与えているとして、2015年に5年間の予定で11.66~22.77%の反ダンピング関税を課した。

 日本政府は、この措置がWTO協定に違反している可能性があるとしてWTOに提訴。WTOの最終審にあたる上級委員会は昨年9月、13項目の争点のうち10項目で韓国の主張を認め、韓国が事実上の「判定勝ち」を収めた。

 ダンピング製品の一部の価格効果分析方法など日本が勝訴した残り3項目の争点に対しては、双方の協議により韓国側が今年5月までに措置を取ることで合意していた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください