Go to Contents
検索

おすすめ #WTO #事務局長
記事一覧

韓国産業通商資源部の高官 WTO事務局長選に立候補へ

2020.06.23 19:30

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)が世界貿易機関(WTO)の事務局長選に立候補する。同部が23日伝えた。兪氏は24日に会見を開いて正式に出馬を表明する。

テレビ会議方式で開かれた東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会議で発言する兪氏=23日、ソウル(聯合ニュース)

 兪氏は「WTO事務局長になれば国益にかなうため、最善を尽くす」と抱負を語ったとされる。

 韓国人がWTOの事務局長選に挑戦するのは今回が3回目。1994年と2012年にそれぞれ立候補したが、選出されなかった。

 事務局長選は現職のブラジル出身のロベルト・アゼベド氏が先月、任期を約1年残して辞意を表明したことで本格化した。立候補受付は7月8日までで、これまでに兪氏を含め5人が出馬の意向を示している。

 候補者に指名されれば3カ月間、加盟国を対象に選挙キャンペーンを行い、その後、一般理事会の議長が164の加盟国と調整し、全会一致形式で絞り込む。

 次期事務局長は、新型コロナ以降、全世界で強まった保護貿易主義を解決しなければならず、米中の対立で混乱するWTOを改革する重大な任務を担うことになる。

 韓国が米中の間で中立的な立場にあり、新型コロナ対策では模範的な防疫を実践した国として国際社会に貢献できることなどから、貿易の専門家たちは勝算があるとみている。

 貿易の専門家は「164のWTO加盟国に対し、どのようなビジョンと目標、役割を提示するのかがカギ」とし、「WTO事務局長選出の過程は国内だけでなく全世界の外交公館の力と情報を集めなければならない激しい外交折衝戦」と説明した。  

 ソウル大英文科出身の兪氏は1995年に通商産業部が選抜した最初の女性の通商専門家で、韓米自由貿易協定(FTA)の締結交渉では、サービス・競争分野の分科長を務めた。

 1948年に設立された前身の商工部を含め、産業通商資源部で女性初の1級公務員(最上位)になり、初の女性本部長(次官級)を務めている。

 朴槿恵(パク・クネ)政権では大統領広報首席秘書官室の海外メディア担当の報道官を務めたほど英語が流暢で、米国の弁護士の資格も持っている。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください