Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓中日の物流担当次官がテレビ会議へ 韓国はポストコロナ時代の協力提案

2020.06.28 13:07

【ソウル聯合ニュース】韓中日3カ国の物流担当相会合の特別セッションが29日にテレビ会議で開かれる。韓国の海洋水産部次官は新型コロナウイルスへの対応やポストコロナ時代を見据えた協力事業の発掘などを提案する方針だ。同部が28日、発表した。

韓国西部の群山港。中国とのカーフェリーの運航が休止し、閑散としている(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国はポストコロナ時代に備え、非対面での船舶検査や海運・物流産業のデジタル化、自動運航船の開発などでの協力を呼びかける。新型コロナの感染拡大で運航を休止した韓中のカーフェリー運航会社や韓日の旅客船会社を支援するため、各国が自国の港湾施設使用料を減免することも提案する。

 韓中日の物流担当相会合は2006年から隔年で開催されている。今年は8月に日本で開催予定だったが新型コロナのため延期となり、代わりに次官級の特別セッションをテレビ会議で開く。

ikasumi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください