Go to Contents
検索

おすすめ #輸出規制
記事一覧

「日本による追加規制に備え必要」 韓国貿易協会が報告書

2020.06.30 11:12

【ソウル聯合ニュース】韓国貿易協会の国際貿易通商研究院は30日に公表した報告書で、戦略物資のうち対日輸入依存度が高い非敏感品目を中心に、日本による追加規制に備える必要があると指摘した。

韓国貿易協会の国際貿易通商研究院は報告書で、日本による追加規制に備える必要があると指摘した(イラスト)=(聯合ニュース)

 報告書によると、日本政府が規定した非敏感品目は主に半導体やディスプレーの製造に必要な装置、石油化学基礎製品、プラスチック製品などに集中している。これら品目の対日依存度は80~90%に上る。

 戦略物資の非敏感品目は昨年、日本が法令改正を行い、輸出管理上の優遇措置を受けられる「グループA(旧ホワイト国)」から韓国を除外した後、輸出審査を大幅に強化した品目だ。このうち日本からの輸入額が100万ドル(約1億円)を超え、対日依存度が70%以上の100品目を、貿易品目に関する国際的な分類コード「HSコード」を基に選別した結果、半導体・ディスプレー製造用装置など上位3品目群が56.7%を占めた。

 石油化学基礎製品の場合、対日依存度は94.8%に達し、半導体製造用装置(86.8%)、プラスチック製品(83.3%)、写真・映画用の材料(89.7%)なども依存度が高かった。

 報告書は、日本政府が昨年7月に韓国への輸出規制強化に踏み切ったフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材、フォトレジスト)の3品目も非敏感品目だとした上で「日本が追加の輸出規制を断行する場合、非敏感品目がその対象になる可能性が高い」と分析した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください