Go to Contents
検索

政治

韓日間「立場の違い大きい」 輸出規制が最大の問題=韓国外相 

2020.07.02 13:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は2日、ソウルの外交部庁舎で行った記者会見で、日本の強制徴用問題や輸出規制などを巡り「韓国と日本の間の立場の違いが非常に大きい」との認識を示した。

康京和長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 康氏は韓日関係に関する質問を受け、「韓日間の隔たりが大きい。基本的に大法院(最高裁)の強制徴用判決に対する不満から不当に行われた(日本の)輸出規制措置が最大の問題だ」と述べた。

 また、輸出規制が撤回され、昨年7月1日以前の状態に戻されなければならないという一貫した立場を示した上で、大法院の判決が尊重されなければならず、被害者の権利も行使されるべきだと説明した。

 さらに「日本とは両国政府間の対話を通じて隔たりを埋める努力をしている」とする一方、「対話を通じて互いに対する理解を深めたと考えるが、立場の違いが非常に大きい状況であり、輸出規制問題も解決されていない」と指摘した。

 韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の再延長に関する質問には「政府はいつでも終了する権限を維持するという前提のもと、日本の輸出規制などさまざまな動向を分析しながらわれわれの立場を整理していく」と述べるにとどめた。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース 政治
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください