Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国外相 米国務副長官と面会=「重要な時期に来た」

2020.07.08 10:36

【ソウル聯合ニュース】訪韓中のビーガン米国務副長官(北朝鮮担当特別代表)は8日午前、外交部を訪問し康京和(カン・ギョンファ)長官と面会した。

康氏(右)と面会するビーガン氏(写真共同取材団)=8日、ソウル(聯合ニュース)

 面会にはハリス駐韓大使らが同行した。

 ビーガン氏は康氏とひざを突き合わせてあいさつ。「韓国政府は私の安全な到着に必要な詳細事項を解決することに大変協力的だった」と謝意を表明。「韓国の疾病管理本部は素晴らしい」と評価した。

 康氏は「今回の訪問を安全なものにするため、できることをすべて行った」として、「非常に重要な時期に(韓国に)来た」と述べた。

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、韓国を訪問した米政府の高官はビーガン氏が初めて。7日午後の韓国到着後、新型コロナウイルスの検査を受け、陰性が確認された。

 康氏との面会前はソウル市内のホテルで外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と朝食を兼ねた非公開協議を行った。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください