Go to Contents
検索

記事一覧

行方不明のソウル市長 午前にリュック背負い公邸出る

2020.07.09 20:49

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が9日、体調不良を理由に予定をすべてキャンセルして出勤せず、その後、行方が分からなくなっている。

朴市長の捜索にあたる警察=9日、ソウル(聯合ニュース)

 警察やソウル市などによると、朴市長は9日午前10時44分ごろ、鍾路区の市長公邸を出たことが確認された。黒の帽子をかぶり、黒のリュックサックを背負っていたという。

 ソウル市は同午前10時40分ごろ、朴市長のこの日の全日程を「やむを得ない事情」で全て取り消すことを発表していた。

 朴市長の携帯電話の位置情報は同市城北区内で途切れており、その後の足取りは確認されていない状態だ。

 警察当局によると、朴市長の娘が午後5時すぎ、「4~5時間前に父親が遺言のような言葉を残して家を出た。携帯電話が切られている」と警察に通報した。

 警察は携帯電話の位置情報が途絶えた城北区を中心に、ドローン(小型無人機)や警察犬などを投入し、朴市長の行方を追っている。

 ソウル市などによると、朴市長は業務多忙でストレスを抱えていたという。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください