Go to Contents
検索

おすすめ #豪雨
社会・文化

豪雨で土砂災害相次ぐ ペンション・工場で6人の死亡確認=韓国

2020.08.03 21:27

【ソウル聯合ニュース】朝鮮半島中部地方を中心に続く豪雨により、韓国で多くの死傷者が発生している。住宅や道路の浸水・冠水被害も相次いだ。1日午後6時から3日午後7時までの降水量は京畿道・安城で390ミリ、忠清北道・忠州で395ミリ、江原道・鉄原で296ミリなどとなっている。

土砂で押しつぶされた加平のペンション(京畿道北部消防災難本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 この日は土砂災害が相次いだ。京畿道・平沢では工場に土砂が流入し、従業員3人が死亡、1人が重傷を負った。同道・加平でもペンションが土砂で押しつぶされ、3人が死亡した。従業員1人の行方も分からなくなっており、捜索が続いている。

 忠清南道・天安では道路と市街地の大部分が冠水し、避難命令が出された。

 夜にも京畿道南部や忠清道を中心に突風や雷を伴う1時間に50~100ミリの非常に激しい雨が降ると予想され、さらなる被害が懸念される。

土砂が流入した平沢の工場(京畿道北部消防災難本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
道路が冠水し、車から避難する市民=3日、天安(聯合ニュース)

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 社会・文化
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください