Go to Contents
検索

記事一覧

北朝鮮のネット使用率 世界唯一「0%」=国際機関報告書

2020.08.19 14:00

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮では当局の遮断措置によりインターネットが全く普及していないことが国際的分析機関の調査で分かった。米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が19日、報じた。

昨年6月、北朝鮮の金策工業総合大学内に建てられた未来科学技術院=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 カナダに本部を置く国際データ分析機関「ビジュアルキャピタリスト」とシンガポールのインターネットデータ分析機関「データリポータル」が発表した報告書は、230カ国・地域を対象にインターネットの接続率やSNS(交流サイト)の利用率などを分析。約2572万人の北朝鮮住民の100%がインターネット接続を行うことができず、北朝鮮内のみで使用できるイントラネット「光明網」を利用していることが分かり、調査対象国の中で最下位となったと説明した。

 また、北朝鮮住民はインターネット接続ができないため、フェイスブックやツイッターなどのSNS利用率も0%で、こちらも調査対象国中で最下位だった。

 そのほか、アフリカの南スーダンとエリトリアでは人口の8%、ブルンジとソマリアでは人口の10%がインターネットに接続できることが分かった。

 米シンクタンク、民主主義防衛財団 (FDD)の研究員はRFAに対し、「北朝鮮は南スーダン、エリトリアなどの国より国内総生産(GDP)が高いが、経済的能力とは関係なく抑圧的な情報遮断政策によってアフリカの国よりインターネットへのアクセス度が低い」と指摘した。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください