Go to Contents
検索

おすすめ #即席麺 #輸出
記事一覧

即席麺の輸出量 4年で約3倍増加=韓国

2020.08.25 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の即席麺の輸出量が4年間で3倍近く増加したことが25日、分かった。中国向けが圧倒的1位を占め、東南アジアも主な輸出先として急浮上している。

農心の即席麺(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国関税庁の輸出入貿易統計によると、即席麺の輸出量は2015年が5万5378トン、16年が7万9585トン、17年が11万115トン、18年が11万5976トン、19年が13万7284トンと4年間で2.7倍増加した。

 輸出額も15年の2億1879万9000ドル(約232億円)から19年は4億6699万6000ドルで、2倍以上増えた。

 輸出量を輸出先別にみると、中国が4万1537トンで圧倒的1位を占めた。次いで米国(1万4908トン)、日本(9638トン)、オーストラリア(6147トン)、インドネシア(5988トン)などの順。

 即席麺を扱う韓国食品メーカーの海外事業の業績も著しく伸びている。

 韓国の即席麺市場シェアトップの農心は、海外事業の売り上げが16年の6億3500万ドルから17年は6億4500万ドル、18年は7億4000万ドル、19年は8億ドルに増加した。今年上半期(1~6月)は5億2000万ドルを記録し、19年通年の65%を達成した。

 同社は米国、中国、日本、オーストラリア、ベトナムで現地法人を運営しており、海外事業の売り上げは輸出と海外での生産の合計だ。代表的な輸出商品は辛ラーメン、ノグリ、チャパゲティ、カップ麺のユッケジャンサバル麺やキムチサバル麺など。

 三養食品の即席麺の輸出額は15年が294億ウォン(約26億円)、16年が916億ウォン、17年が2036億ウォン、18年が1985億ウォン、19年が2657億ウォンだった。18年にやや減少したが4年間で9倍増加した。

 同社の激辛麺「ブルダック炒め麺」シリーズの海外事業の売り上げは15年の98億ウォンから19年は2400億ウォンに増加した。

 オットゥギも19年に550億ウォン相当の即席麺を輸出した。18年に比べ20%増加した。今年は上半期だけで19年通年の72.7%に当たる400億ウォン相当を輸出した。

 食品業界の関係者は「韓国の即席麺の辛い味が海外の消費者を引き付けている」とし、新型コロナウイルス感染拡大の影響でステイホームが続き、即席麺の需要も増えており、今後も輸出増加を維持できそうだと期待した。

三養食品のカップ麺「ブルダック炒め麺」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください