Go to Contents
検索

記事一覧

新設の疾病管理庁トップは「K防疫の英雄」 文大統領が任命状授与

2020.09.11 14:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、中部・忠清北道清州市の疾病管理本部緊急状況センターを訪れ、保健福祉部所属の疾病管理本部から格上げされ12日に発足する疾病管理庁のトップを務める鄭銀敬(チョン・ウンギョン)同本部長に任命状を授与した。

鄭氏(左)に任命状を授与する文大統領=11日、清州(聯合ニュース)

 文在寅政権発足後、大統領が長官・次官に対して青瓦台(大統領府)以外で任命状を授与したのは今回が初めて。次官級に大統領自らが任命状を手渡すのも異例だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊迫した状況において総指揮官にあたる新任庁長が青瓦台まで移動する手間を省くとともに、新たに発足する疾病管理庁の職員らの士気高揚を図ったものとみられる。

 12日の任命日前に任命状を授与したのも文在寅政権では初めてで、鄭氏に対する信頼と期待の表れと受け止められる。

 文大統領は「世界の模範と認められたK防疫の英雄である鄭本部長が初代庁長に任命されたことをお祝いする」と述べ、庁への昇格は国民の大きな期待があったために可能だったとして、自負心と責任感を持つよう求めた。

 これに対し、鄭氏は「疾病管理庁の発足は、新型感染症に対して体系的かつ先制的に対応せよという国民の意志だ」とした上で、「新型コロナウイルス克服と感染症のコントロールタワーとして役割を忠実に果たす」と述べた。 

任命状授与式で発言する文大統領=11日、清州(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください