Go to Contents
検索

記事一覧

3千万人分の新型コロナワクチン確保を推進 韓国政府

2020.09.15 11:44

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が新型コロナウイルス感染症に対処するため、第1次分として3000万人分の海外製ワクチン確保を推進する。これは韓国国民の6割が接種できる分量で、政府は今後の需給状況や国内でのワクチン開発状況を踏まえて追加購入するなど、全国民への接種を目標にワクチン確保を段階的に進めていく方針だ。

政府が3000万人分の新型コロナワクチン確保を推進する=(聯合ニュースTV)

 政府は15日の閣議で、新型コロナワクチンの導入案を巡り議論した。

 第1次分のワクチンは、全世界へのワクチン供給の枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」を通じて1000万人分、海外企業との交渉によって2000万人分をそれぞれ確保する計画だ。

 政府はCOVAXファシリティーへ参加するため、この枠組みを運営する官民合同の国際団体「Gavi(ガビ)ワクチンアライアンス」に先月末に加入意向確認書を提出した。法的拘束力を持つ確定書を今月18日までに提出することにしている。ワクチン購入に必要な前払い金の納入は来月9日までに済ませる予定だ。

 COVAXファシリティーへの参加に加え、海外企業との交渉を通じて2000万人分のワクチン事前購入を行う。購入するワクチンは安全性・有効性の検討結果、価格、供給時期などを踏まえ、専門家の意見も聞いて決定する計画だ。

 3000万人分のワクチンを確保した後は、需給動向や国内でのワクチン開発状況などを見極めた上で、追加の購入を段階的に推進する。全国民が接種できる分量のワクチン確保が目標だ。

 政府は海外製ワクチンの購入とは別に、国内企業のワクチン開発支援にも取り組んでいる。SKバイオサイエンスなど国内のワクチン開発企業3社に対する臨床試験の費用支援計画を先月発表したのに続き、治験参加者の募集など臨床試験プロセスでの困難を解消するための支援機関設立にも着手した。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください