Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国の輸出 7カ月ぶり増加=コロナ禍以前に戻る

2020.10.01 10:26

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部が1日発表した統計によると、9月の輸出額(通関ベース)は前年同月比7.7%増の480億5000ドル(約5兆700億円)だった。輸出の増加は7カ月ぶりで、新型コロナウイルスが発生してからは初めて。

輸出用のコンテナが積まれた韓国の港(資料写真)=(聯合ニュースTV)

 7.7%という増加幅は2018年10月以来、1年11カ月ぶりの高水準。

 韓国の輸出は新型コロナウイルスの影響で3月から減少に転じ、4月と5月の減少率は20%を超えた。

 9月は総輸出額400億ドル以上、1日平均の輸出額20億ドル以上というコロナ禍前の水準に戻った。総輸出額、1日平均の輸出額ともに今年の最高を記録した。

 産業通商資源部は「15大輸出品目のうち、10でプラスとなり1年11カ月ぶりに4大輸出市場(米国、欧州連合、東南アジア諸国連合、中国)で増加となった」と説明した。

 品目別では、輸出1~3位の半導体(11.8%増)、一般機械(0.8%増)、自動車(23.2%)が1年11カ月ぶりにいずれもプラスとなった。

 一方、9月の輸入額は前年同月比1.1%増の391億7000万ドル。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は88億8000万ドルの黒字だった。貿易黒字は5カ月連続。

sarangni@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください