Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

ソウルで政府批判の車両デモ 大きな衝突はなく 

2020.10.03 18:15

【ソウル聯合ニュース】韓国で建国記念日にあたる「開天節」の3日、ソウル市内で保守系団体のメンバーらが車に乗ったまま行う反政府集会が開かれた。

保守系団体のメンバーらが乗った車がチョ氏の自宅付近を通過している=3日、ソウル(聯合ニュース)

 警察は複数の保守系団体が届け出た全ての集会に対し、新型コロナウイルスの感染防止のため禁止する通告をした。だが、団体が処分の執行停止を求めた申し立てについて、ソウル行政裁判所が2件に対しては車9台の参加などの条件付きで開催を認めた。

 団体メンバーが乗った車9台は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近で前法務部長官のチョ国(チョ・グク)氏の自宅(瑞草区)付近から秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官の自宅(広津区)近くまで行進を行った。両氏の自宅付近には市民や取材陣ら数十人が集まり、騒然となる場面もあった。

 別の団体も江東区で9台の車で集会を行った。

 警察はソウル都心の光化門広場などで突発的な集会が開かれることを防ぐため、90カ所に検問所を設置。警察官ら約800人を動員し、万一の事態に備えた。広場付近は警察バスで取り囲み、広場への立ち入りを制限した。広場近くの光化門駅と市庁駅、景福宮駅は地下鉄が停車しなかった。

 裁判所は、集会開催を認めた団体に対し参加者の名前や連絡先、車両番号などを事前に警察に提出し、集会前に確認を受けるよう命じた。また、車には1人のみが乗車し、集会中に窓を開けてシュプレヒコールを上げないよう求めた。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください