Go to Contents
検索

韓日関係

韓国人の対日感情悪化 日本人の韓国への感情は改善=共同世論調査

2020.10.15 20:10

【ソウル聯合ニュース】韓日関係が数年にわたり冷え込みの一途をたどる中、韓国人の日本に対する感情が今年急激に悪化したことが世論調査で明らかになった。一方、4年間悪化傾向を見せていた日本人の対韓感情は改善した。韓国民間シンクタンク、東アジア研究院(EAI)と日本の民間非営利団体「言論NPO」が15日に共同調査の結果を発表した。

韓国人の対日感情が悪化し、日本人の対韓感情は改善したことが分かった(資料写真)=(聯合ニュース)

 調査結果によると、日本に対し良い感情を待つ韓国人は昨年の31.7%から今年12.3%に下落した。日本に良い感情を待つ韓国人の割合は15年の15.7%から19年まで増加傾向を見せていた。

 今年、日本に対し否定的な感情を持つ韓国人は昨年の49.9%から71.6%に上昇した。

 一方、韓国に対し良い感情を持つ日本人は昨年の20.0%から25.9%に上昇した。16年に29.1%を記録した後、下落傾向が続いていたが、今年は持ち直した。韓国に対し否定的な感情を持つ日本人も今年は46.3%で昨年(49.9%)より減少した。

 東アジア研究院は、昨年の日本の対韓輸出規制措置、安倍前首相の韓国に対する否定的発言などで韓国人の日本に対する感情は悪化したが、日本では若い層を中心に韓国ドラマやK―POPなど韓国文化に対する関心が高まったことが感情改善につながったようだと分析した。

 今回の調査は韓国では9月11~25日に18歳以上の男女1006人を対象に、日本では9月12日~10月4日に1000人を対象に実施された。

yugiri@yna.co.kr

最新ニュース 韓日関係
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください