Go to Contents
検索

おすすめ #WTO
記事一覧

WTO事務局長選で韓国の形勢不利 EUはナイジェリア候補支持 

2020.10.27 15:38

【ソウル聯合ニュース】韓国とナイジェリアの2人に絞られた世界貿易機関(WTO)事務局長選を巡り、欧州連合(EU)がナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相を支持する方針を固め、韓国候補の兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長は形勢が不利になっている。だが、事務局長人事は加盟国による全会一致で決める仕組みになっており、韓国政府はWTO初の韓国人トップを輩出するための闘いはまだ終わっていないとみている。

WTO事務局長選で最終候補に残った産業通商資源部の兪明希氏(左)とオコンジョイウェアラ氏(資料写真)=(AFP=聯合ニュース)

 韓国外交部によると、WTOが19日から164カ国・地域の加盟国を対象に実施している事務局長選の支持候補の調査が27日(現地時間)に終了する。

 AFP通信は、EUが加盟国の意見の取りまとめを終え、27日にオコンジョイウェアラ氏支持を発表すると報じた。EU加盟国は27票を持つ。オコンジョイウェアラ氏は16日の記者会見で、79カ国・地域が自身を支持していると主張していたが、ここにEUの27カ国を加えると過半数となる。

 韓国が不利な様相だが、事務局長選は加盟国の全会一致を必要とする。

 WTOは通常、支持候補の調査で支持率が低い候補に辞退を勧告し、加盟国が1人の候補を支持するよう説得するが、このプロセスでは各国の利害関係が複雑に絡み合うため結果を断言することはできないと、外交当局は説明している。

 兪氏が調査で得た票が少なかったとしても、オコンジョイウェアラ氏の就任に強く反対する国があれば、加盟国の世論が兪氏支持に傾く可能性もある。

 韓国政府の関係者は現状について、「有利ではないが、単に過半数の支持で決定するわけではないため、まだ勝負は終わってはいない」と説明する。

 特に、WTO加盟国が最終的な合意に至る上では米国や中国など大国の声が強く反映されるという。EUは最終的にナイジェリアの候補を選んだが、米国は兪氏を支持しているとされる。外交部によると、中国は27日午前の時点でまだ支持候補を表明していない。日本は予想通り、オコンジョイウェアラ氏を支持する方針を固めた。

 韓国政府は調査の結果を踏まえて戦略を調整するようだ。今のところはオコンジョイウェアラ氏が有利とみられるものの、まだ数十カ国が立場を明らかにしていないとされ、大差で負けているのでなければ政府はナイジェリアを支持している国々を再度説得し、逆転を狙うと予想される。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください