Go to Contents
検索

社会・文化

韓国のコロナ新規感染が再び100人超 市中感染が96人

2020.10.28 10:31

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は28日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から103人増え、累計2万6146人になったと発表した。市中感染が96人、海外からの入国者の感染が7人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(88人)から15人増え、26日(119人)以来、2日ぶりに100人を上回った。

専用診療所での新型コロナウイルス検査の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 感染した場合に重症化リスクが高い人たちが多い療養型病院、療養施設、リハビリ病院だけでなく、家族や知人の集まり、ゴルフコンペ、職場など各所で感染が相次いでいる。また、31日のハロウィーンを前にクラブなどに出掛ける若者が増えている。ソウル市内の一部の人気クラブは感染拡大を防ぐために来月3日までの臨時休業を決め、防疫当局は注意が必要な施設の見回りなどを始めた。

 新規の市中感染者は前日(72人)より24人多い96人だった。地域別ではソウル市が23人、京畿道が28人、仁川市が10人と、首都圏が61人。首都圏以外では江原道が14人、大田市が7人、慶尚北道が5人、全羅北道と慶尚南道がそれぞれ3人、大邱市が2人、忠清北道が1人だった。

 主な感染事例をみると、京畿道竜仁市内のゴルフ場で開催された大学同期生によるゴルフコンペに関係した感染者が27日正午時点で累計31人となった。参加者だけでなく、その家族・知人15人も含まれている。大手銀行に勤める人もおり、感染者が増える可能性もある。

 江原道原州市では感染者が運営する飲食店を中心に新たに7人の感染が確認された。このうち2人は小学生で、防疫当局は2人が通う学校を臨時休校にし、児童と教職員全員の検査を実施することにした。

 一方、海外からの入国者で新たに感染が確認されたのは7人で、このうち2人は空港や港湾での検疫で判明した。残りの5人は入国後の自主隔離中に陽性と分かった。

 死者は前日から1人増え、計461人となった。韓国国内の平均致死率は1.76%。

 27日の検査件数は1万5373件で、前日より50件多かった。

 中央防疫対策本部は毎日午前に同0時時点の新型コロナ感染者数を発表している。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 社会・文化
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください