Go to Contents
検索

記事一覧

LINEのブランド価値34%上昇 日本で最大 

2020.11.06 09:24

【ソウル聯合ニュース】英広告大手WPPとグループ傘下の市場調査会社カンターが5日に発表した2021年度の「ブランドZ世界で最も価値のある日本ブランドランキングトップ50」で、韓国インターネットサービス大手NAVER(ネイバー)の日本子会社LINEのブランド価値が最大の上昇率を記録した。

日本ブランドランキングで、LINEのブランド価値が34%上昇した=(聯合ニュース)

 LINEのブランド価値は前年比34%増の42億5300万ドル(約4400億円)と評価された。同社は伸び率が最も大きく、ランキングも13位と前年から8ランク上昇した。

 カンターによると、テクノロジーのカテゴリーに分類された企業が全般的に伸び悩む中、LINEとソニーだけがブランド価値を上げた。 

 LINEの躍進については、友人、家族とつながるためにデジタルプラットフォームを使う人が増えたと分析した。特に新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)時に、関連ニュース・情報にアクセスしたり共有したりするプラットフォームとして日常に欠かせない存在になったという。この時期にLINEニュースのアクティブユーザー数やテキストメッセージ量、スタンプ使用量、アプリ内通話量が大幅に増えた。日本政府も健康調査を実施する際に若者に働きかけるツールとしてLINEを用いた。 

 WPPとカンターは毎年、消費者インサイトや企業業績の分析などを組み合わせて世界各国のブランドランキング「ブランドZ」を発表している。

ブランド価値伸び率の順位=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

お問い合わせ

聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください