Go to Contents
検索

記事一覧

韓国国会外交委員長「バイデン政権、北との対話チャンネル開くべき」

2020.11.09 11:21

【ソウル聯合ニュース】韓国国会の外交統一委員長を務める与党「共に民主党」の重鎮、宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は9日にラジオ番組で、米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が当選を確実にしたことと関連し、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射など挑発に踏み切る可能性があるとの分析を示した。

宋永吉氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 宋氏は、バイデン政権は当面の間、北朝鮮に注力する余裕がないとみられるが、北朝鮮は新型コロナウイルス問題や水害被害、経済制裁などを抱え耐え難い状況だと説明した。

 その上で「バイデン政権は特使を派遣するなりして対話のチャンネルを開き、北が非核化の道に向かうよう信頼を積み重ねるべきだ」と述べ、米国を訪問してこれを強く説得するつもりだと明かした。

 宋氏は、共に民主党が米大統領選以降の朝鮮半島情勢に対処するために発足させた「朝鮮半島タスクフォース(TF、特別チーム)」の団長を務める。団長としてTFのメンバーを率い、今月16日に訪米することを検討している。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください