Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

文大統領「歴史的な瞬間」 自由貿易への寄与確信=RCEP署名

2020.11.15 16:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、世界最大規模の自由貿易協定(FTA)となる東アジア地域包括的経済連携(RCEP)について、「地域を超え、多国間主義の回復と自由貿易発展に寄与すると確信する」と述べた。青瓦台(大統領府)の康珉碩(カン・ミンソク)報道官が会見で伝えた。

署名後に記念撮影をする文在寅大統領(左)と産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長=15日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領はオンライン形式で開かれたRCEP首脳会合で、「新型コロナウイルスや保護貿易の拡散、多国間貿易体制の危機の中で、若くて力動的な東南アジア諸国連合(ASEAN)が中心となり、自由貿易の価値の守護を行動に移した」と評価した。「歴史的な瞬間」とも表現した。

 韓中日やオーストラリア、ニュージーランドなど15カ国の首脳はこの日、RCEPに署名し、その意義を盛り込んだ共同宣言を採択した。

 RCEPは当初、インドを含め16カ国で交渉を開始したが、同国は対中国の貿易赤字拡大を懸念し、昨年交渉から離脱した。

 これについて、文大統領は「長い間、交渉を続けてきたインドの迅速な加盟を望み、加盟国の積極的な努力を期待する」とコメントした。

csi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください