Go to Contents
検索

記事一覧

韓国首都圏の防疫措置レベル引き上げへ 感染再拡大で

2020.11.17 10:44

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、首都圏のうちソウル市、京畿道は19日から、仁川市は23日から防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを最も低い第1段階から第1.5段階に引き上げる。丁世均(チョン・セギュン)首相は17日、中央災難安全対策本部の会議で「新型コロナウイルス感染症の防疫が危機に直面している。とりわけ人口の半分以上が集中する首都圏の状況が非常に深刻だ」と説明した。政府は首都圏とともに検討していた北東部・江原道のレベル引き上げはひとまず見送り、今後の状況を見守りながら自治体の判断に任せることにした。

新型コロナウイルス対策を話し合う中央災難安全対策本部の会議を主宰する丁首相=17日、ソウル(聯合ニュース)

 丁氏は、ここ1週間、首都圏だけで1日平均100人を超える感染者が確認されており、高齢患者の割合や実効再生産数などの指標も急速に悪化していると指摘。社会的距離の確保レベルの引き上げにより市民の日常生活が不便になるほか、小規模事業者の負担が再び増すことを認識しながらも、「いま決断しなければはるかに大きな危機に直面するということを、われわれはこれまでの経験で学んでいる」と強調した。

 首都圏以外の地域に対しても「緊張を緩めてはならない」とし、「防疫守則の順守こそがこの危機を乗り越える最大の力だ」と予防意識の向上を呼び掛けた。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください