Go to Contents
検索

おすすめ
社会・文化

韓国 きょうのニュース(11月20日)

2020.11.20 18:00

◇首相「年末の集まり自粛を」 新型コロナで国民向け談話

 韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は20日、国内で新型コロナウイルスの感染が急拡大していることを受けて国民向け談話を発表し、防疫が危機を迎えているとした上で、「年末に計画している各種の集まりをできる限り自粛し、必要不可欠な活動を除き、なるべく自宅で過ごしてほしい」と求めた。60歳以上は特に不要な外出や人と会うことを控え、会社員は忘年会や会食を延期、中止してほしいと呼び掛けた。

談話を発表する丁世均首相=20日、ソウル(聯合ニュース)

◇コロナ新規感染が363人に増加 専門家「第3波」とも

 中央防疫対策本部は、20日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から363人増え、累計3万17人になったと発表した。市中感染が320人、海外からの入国者の感染が43人だった。1日当たりの新規感染者数は前日より20人多く、3日連続で300人を上回った。これは首都圏を中心に「第2波」が到来したとされる8月中旬以来ほぼ3カ月ぶりで、専門家は「第3波」に入ったとの見方を強めている。

◇コロナ感染者が3日連続300人台 防疫レベル引き上げ視野に

 新型コロナウイルスの新規感染者数が3日連続で300人台を記録し、再び大規模流行の兆しを見せている。感染者が短期間に急増したソウル市、京畿道、光州市の全域と江原道の一部地域では19日から防疫対策「社会的距離の確保」のレベルが第1.5段階に引き上げられたが、感染者が同時多発的に発生し、拡大を防ぐのは容易ではない状況だ。感染症専門家らは既に流行の「第3波」に入ったと判断し、社会的距離の確保のレベル引き上げが必要だと助言した。

◇健康保険公団 たばこ会社相手の損賠訴訟で一審敗訴

 国民健康保険公団が国内外のたばこ会社3社を相手取り、喫煙が原因で生じた損失を賠償するよう求めた訴訟で、ソウル中央地裁は原告敗訴の判決を言い渡した。健康保険公団は2014年4月、KT&G、フィリップ・モリス・コリア、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)コリアの大手3社を相手取り、総額500億ウォン(約46億6000万円)余りの賠償を求める訴訟を起こした。請求額は喫煙との因果関係が高い一部の肺がん、喉頭がんの患者のうち、20年間にわたり1日1箱以上のたばこを吸い、喫煙期間が30年を超える人に対し、健康保険公団が03~13年に診療費として負担した金額だった。

◇米下院で韓米同盟決議案可決 両国議員が祝賀行事

 韓国と米国の議員らは19日(現地時間)、米下院が韓米同盟強化決議案を可決したことを祝う行事をワシントンの連邦議会で行った。韓国からは与党「共に民主党」の訪米団や李秀赫(イ・スヒョク)駐米大使らが出席し、米国からは次期下院外交委員長の就任が有力視されるグレゴリー・ミークス議員(民主党)も出席した。

◇汚染水放出時は韓国などとモニタリング 在韓日本大使館

 在韓日本大使館の関係者は20日、韓国メディアの記者団に対し、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水(日本政府の名称は「処理水」)の海洋放出が決まる場合は韓国など周辺国が安全性を確認できるようモニタリングを行う方針を明らかにした。この関係者は「適切なモニタリング方法を講じ、韓国や周辺国との協議を通じて安心を与えられる方法を取ると思う」と述べた。

最新ニュース 社会・文化
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください