Go to Contents
検索

記事一覧

韓国のコロナ新規感染6日ぶり1千人下回る 死者は最多の24人

2020.12.21 10:49

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は21日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から926人増え、累計5万591人になったと発表した。市中感染が892人、海外からの入国者の感染が34人だった。1日当たりの新規感染者数は前日に過去最高の1097人を記録したが、この日は171人減り、6日ぶりに1000人を下回った。ただ、週末は平日に比べ検査件数が少なく、感染者の増加ペースが鈍化したとは言い切れない。また、死者が1日で24人と、最多を更新した。

新型コロナウイルスの臨時検査所に列を作る人々(資料写真)=(聯合ニュース)

 新規感染者数は高水準で推移しており、感染者の累計は今月10日に4万人を超えてから11日で5万人に達した。感染者の増加ペースが加速して1日当たり2000人に上る可能性を指摘する専門家もいる。政府は防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを最も高い第3段階に引き上げることを含め、さまざまな対策を議論している。

 新たに確認された市中感染者は892人で、前日に比べると180人少なかった。地域別にみると、ソウル市が327人、京畿道が237人、仁川市が85人で、首都圏が649人を占めた。

 首都圏以外では慶尚北道が48人、忠清北道が29人、済州道が23人、江原道が22人、大邱市が21人、釜山市が19人、蔚山市が17人、忠清南道が16人、慶尚南道が15人、光州市と全羅北道がそれぞれ11人、全羅南道が8人、大田市が3人だった。

 李明博(イ・ミョンバク)元大統領が収監されているソウル東部拘置所では前日までに215人の感染が確認された。京畿道では議政府市の塾、抱川市のゴルフ場で感染者が相次いでいる。

 一方、海外からの入国者で新たに感染が確認されたのは34人で、このうち10人は空港や港湾での検疫で判明し、24人は入国後の自主隔離中に陽性と分かった。

 死者は前日から24人増えて計698人となった。韓国国内の平均致死率は1.38%。

 重篤・重症患者は274人で、前日から4人減った。

 20日の検査件数は3万767件だった。前日より6080件、直近の平日に比べると2万5683件、少なかった。陽性率は3.01%に上がった。

 中央防疫対策本部は毎日午前に同0時時点の新型コロナ感染者数を発表している。

臨時検査所での検体採取の様子=20日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください