Go to Contents
検索

記事一覧

韓国の新規コロナ感染者41日ぶり400人台に 「第3波」ピークアウトか

2021.01.11 10:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は11日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から451人増え、累計6万9114人になったと発表した。市中感染が419人、海外からの入国者の感染が32人だった。1日当たりの新規感染者数は今月8~10日は3日連続で600人台となったが、この日は先月1日以来、41日ぶりに400人台にとどまった。昨年11月中旬から本格化し、1日当たりの感染者が一時1000人を超えた流行「第3波」の勢いは弱まりつつある。ただ、新規感染者数の大幅な減少は休日で検査数が減ったことも影響したとみられる。

新型コロナウイルスの臨時検査所(資料写真)=(聯合ニュース)

 防疫当局は第3波がピークアウトして緩やかな減少傾向に転じたとみているが、明らかになっていない市中感染者など不安要素が多く、引き続き警戒を強めている。

 新たに確認された市中感染者419人を地域別にみると、京畿道が142人、ソウル市が137人、仁川市が18人で、首都圏が297人を占めた。

 首都圏以外では光州市が24人、釜山市が16人、蔚山市が14人、慶尚南道が13人、大邱市、江原道、忠清南道がそれぞれ10人、忠清北道が9人、全羅北道が6人、慶尚北道が4人、全羅南道が3人、済州道が2人、大田市が1人だった。

 主な感染事例をみると、京畿道安養市の病院で9人の感染が確認されたほか、同道水原市では家族を中心に11人の感染が分かった。また、全羅南道宝城郡ではキムジャン(越冬用のキムチ漬け)の集まりで10人が感染し、釜山では知人同士の集まりと保育園に関係して14人の陽性が判明した。

新型コロナウイルスの臨時検査所(資料写真)=(聯合ニュース)

 一方、海外からの入国者で新たに感染が確認されたのは32人だった。このうち11人は空港や港湾での検疫で判明し、21人は入国後の自主隔離中に陽性と分かった。

 死者は前日から15人増えて計1140人となった。韓国国内の平均致死率は1.65%。重篤・重症患者は前日から6人減り、395人となっている。

 10日の検査件数は2万8222件で、前日より5626件少なかった。

仁川国際空港の到着ロビー(資料写真)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください