Go to Contents
検索

記事一覧

寒波の中「深夜軍事パレード」強行か 昨年10月より規模縮小=北朝鮮

2021.01.11 11:12

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は11日、北朝鮮が10日の深夜時間帯に平壌の金日成広場で朝鮮労働党大会と関連した閲兵式(軍事パレード)を実施した模様だと明らかにした。軍事パレードが本行事なのか予行練習なのかも含め、韓米の情報当局が動向を精密に追跡中だと伝えた。北朝鮮は今月5日から党大会を開催している。

昨年10月の軍事パレードで公開された新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 軍は、軍事パレードの具体的な開催時間には言及しなかった。本行事だった可能性に重きを置いて分析中とされる。

 北朝鮮は昨年10月の党創建75周年記念日にも前例のなかった「深夜の軍事パレード」を行い、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などを公開した。

 今回も深夜の実施となったことから、同様の形式で進められた可能性がある。ただ、現在実施中の朝鮮人民軍の冬季訓練や強い寒波による兵器誤作動の恐れなどを考慮し、昨年10月の軍事パレードに比べると規模が縮小されたものと韓国軍当局はみている。10日の平壌の最低気温は氷点下16度を記録した。

 北朝鮮は、早ければ11日のうちに党大会の軍事パレードの模様を公開するとみられる。昨年10月の軍事パレードでは実施当日の午後に録画中継した。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください