Go to Contents
検索

北朝鮮

金与正氏が党副部長に降格 軍事パレード巡り韓国非難の談話

2021.01.13 08:56

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏は12日、「党中央委員会副部長」として談話を発表し、朝鮮労働党第8回党大会記念の閲兵式(軍事パレード)開催の動きをとらえたとする韓国軍合同参謀本部を「けしからん」と厳しく非難した。朝鮮中央通信が13日、伝えた。

金与正氏=(聯合ニュースTV)

 与正氏は5日から12日まで開催された党大会で党政治局候補委員から外され、党中央委員会委員となった。党での肩書もこれまでの第1副部長から副部長に降格したことが確認された。

 ただ、与正氏の名前で韓国向けの談話を発表したことから、政治的な立ち位置と役割は従来通りであることを示したといえる。この談話は与正氏の今年最初の談話でもあり、引き続き対韓国業務を担っていくことを示唆した。 与正は談話で、韓国軍合同参謀本部が10日深夜に北朝鮮での閲兵式開催の「状況をとらえ」、「精密追跡」中だと発表したことを取り上げ、「南朝鮮(韓国)当局が抱く同族に対する敵意ある見方を隠さず表現」「敵対的な警戒心を表出」と重ねて非難した。「他人の家の祝い事に軍事機関が乗り出した」とし、「それほどすることがないのか」とも皮肉った。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください