Go to Contents
検索

記事一覧

医師の増員政策 「賛成」が65%=ソウル大病院調査

2021.02.08 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル大病院の公共保健医療振興院は8日、医療政策への意識と新型コロナウイルスによる医療環境の変化に関するオンライン調査で、医師の増員政策について回答者の64.9%が賛成、19.0%が反対したと明らかにした。公立医大の新設政策は賛成が54.3%だった。

新型コロナ患者への対応に当たる医療スタッフ=(聯合ニュースTV)

 調査は世論調査会社の韓国ギャラップに依頼し、昨年10~12月に全国の成人2097人を対象に行った。

 医師増員政策に賛成する理由としては、「医療人員の不足」や「(医療への)アクセス向上」が挙がった。反対派は「サービス低下の懸念」「医療人員はすでに十分」などの理由を挙げた。

 一方、回答者の39.6%は新型コロナの影響で救急治療が必要な状況に受けられなかったと答えた。理由としては、「新型コロナ患者との接触を心配したため」「近くの救急室が閉鎖されて受診可能な救急室が見つからなかったため」などが挙がった。

 公共保健医療振興院は「新型コロナの流行を経て、医療人員の増員が必要だという国民の意識を知ることができた。円滑な保健・医療人員の需給に向け、医療従事者の勤務環境改善が求められる」としている。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください