Go to Contents
検索

記事一覧

[韓流]BTS事務所とユニバーサル 新ボーイズグループでタッグ

2021.02.18 11:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループBTS(防弾少年団)の所属事務所であるビッグヒットエンターテインメントが米ユニバーサル・ミュージック・グループと組み、米国を拠点に世界で活躍するボーイズグループをデビューさせる。両社は18日、戦略的協業の具体的な計画をオンラインで発表した。

左上から時計回りに、ビッグヒットエンターテインメントの房時赫(パン・シヒョク)代表、ユニバーサル・ミュージック・グループのルシアン・グランジ会長兼CEO、インタースコープ・ゲフィン・A&Mレコードのジョン・ジャニック会長兼CEO、ビッグヒットエンターテインメントのユン・ソクジュン・グローバルCEO (提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ビッグヒットはユニバーサル・ミュージック・グループ傘下のレコード会社ゲフィン・レコードと、米ロサンゼルスに合弁会社を設立する。米メディアをパートナーに、2022年をめどにオーディション番組を放送し、新ボーイズグループのメンバーを選抜する計画だ。

 ビッグヒットはアーティストの発掘と育成、ファン向けコンテンツの製作、同社子会社が運営するアプリ「Weverse」を通じたファンとのコミュニケーションなどを担当する。ユニバーサル・ミュージック・グループは現地のネットワークを生かして音楽制作や世界配信、オーディション番組の製作などを担う。

 海外に拠点を置くK―POPアーティストの活動はこれまでアジアが中心だったが、K―POPシステムによる新グループを初めて米国で生み出し、世界を舞台にした活動を目指す。

 ビッグヒットのグローバル部門CEO(最高経営責任者)を務めるユン・ソクジュン氏は、「前例のないグループの誕生プロセスを目にすることになる」とし、「ビッグヒットが16年かけて確立した成功の方程式をグローバル市場、それも世界の音楽シーンの中心である米国で適用するという点に大きな意味がある」と説明した。ユニバーサル・ミュージック・グループとの協力については「両社にとって新たな挑戦だ。企業間の協力、産業の結合を超え、文化が結びつく」と語った。

 また、ユニバーサル・ミュージック・グループの所属アーティストがWeverseを活用する計画も発表された。すでにグレイシー・エイブラムスやニュー・ホープ・クラブ、アレクサンダー23らがWeverseにコミュニティーを開設しているが、今後多くのアーティストが加わる見通しだ。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください