Go to Contents
検索

おすすめ #映画
記事一覧

昨年の映画観客動員数が過去最低 6千万人割れ=韓国

2021.02.19 14:49

【ソウル聯合ニュース】韓国映画振興委員会が19日公表した「2020年韓国映画産業決算」によると、昨年の映画館全体の観客動員数は前年比73.7%減の5952万人で、統計を取り始めた2004年以降で最も少なかった。

人影のまばらなソウル市内の映画館=(聯合ニュース)

 観客動員数は04年から12年まで1億人台、13年から19年までは2億人台を維持してきたが、昨年は急減した。

 人口1人当たりの映画館での年間鑑賞回数も10年代に入ってから4回以上を維持してきたが、昨年は1.15回に減少した。

 興行収入は05年以降で最も少ない5104億ウォン(約487億円)で、前年比73.3%減少した。

 昨年の興行収入1位は韓国映画「KCIA 南山の部長たち」で、412億ウォン(観客動員数475万人)だった。

 韓国映画の観客シェアは68%で、10年連続で外国映画を上回った。

 ビデオ・オン・デマンド(VOD)、DVD、ブルーレイ、テレビ放映権など映画館以外の市場での売上高は4514億ウォンで、前年比11.4%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大で自宅で過ごす時間が長くなり、売上高が伸びると予想されたが、巨額の製作費を投入した作品の公開が延期されたことで減少したとみられる。

 韓国映画の海外での売上高は8361万ドル(約88億円)で、前年比13.3%増加した。輸出先は台湾が3年連続1位で、日本、中国、香港、ベトナムなどアジア圏が大部分を占めた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください