Go to Contents
検索

記事一覧

慰安婦被害者が国会訪問 与党代表に大統領面会要請=韓国

2021.03.05 17:03

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の韓国人慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんは5日、国会を訪れ、与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表、最大野党「国民の力」の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表らと相次いで面会した。

国会で記者会見を開いた李さん=5日、ソウル(聯合ニュース)

 李さんは面会後、記者団に「慰安婦問題の被害者中心の解決を求める決議案と日本の歴史歪曲(わいきょく)糾弾決議案の採択に参加するよう求めるため国会に来た」と語った。また、「国会議員一人一人が(決議案に)参加していたら(慰安婦問題は)すでに解決したはずだ」として、「(李洛淵氏に)文在寅(ムン・ジェイン)大統領に会わせてほしいと要請した」と明らかにした。

 李さん側の関係者によると、李洛淵氏は面会中、兪英民(ユ・ヨンミン)大統領秘書室長に電話をかけ、「可能な限り早く(大統領との面会の)日程を決めてほしい」と要請したという。この関係者は「具体的な日程は決まっていない」と述べ、「青瓦台(大統領府)が早く連絡すると話した」と伝えた。

 李洛淵氏は面会後、記者団に「(李さんが)2件の決議案の採択を望んだが、(党の)執行部と相談する」と述べた。李さんが慰安婦問題を国際司法裁判所(ICJ)に付託するよう求めたことに関しては「政府と相談すると回答した」と話した。

 朱氏は聯合ニュースの取材に対し、国会外交統一委員会の野党幹事を務める議員に決議案を検討するよう要請したと伝えた。

 「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は「(ICJへの付託について)おばあさんの怒りに共感しており、慎重に検討する」と明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください